教科書に載っていないバドミントン上達法

プロフィール

MaterialCrew

Author:MaterialCrew
シャトルコック専門店マテリアルクルー店長のワカです。学生時代からずーっと体育会系でバドミントンをやってきました。シャトルコック専門店を立ち上げ、家庭婦人や初心者教室での指導などもやってきましたが、最近は自分の練習にほとんどの時間を費やしている生粋のバドキチ(^^;)です。日々の練習や試合から、あれこれ感じたことをメルマガで書いています。

ロビングについては過去に触れたことがあったと思いますが、
きちんと出来ていない人が多く見受けられるので、
再び取り上げてみたいと思います。


ロビングは言うまでもなく守りのショットです。


スマッシュやプッシュ、カットなどと比べて、
ロビングは直接ポイントに結びつかないイメージがあるためか、
このショットを重点的に練習する人って少ないように思います。


しかし、実はロビングほど重要なショットって無いんですよ!


「相手の前衛に鋭いプッシュを決められた!!」

なんていうシーンも、ビデオテープ(笑?)を巻き戻ししてみると、
実は3打前に打った自分のロビングが浅かったのが原因だった!(>_<)
なーんていうことありませんか?


相手に良いようにガンガン打たれてしまうのは、
相手が上手かったり攻撃が得意なのではなく、
単に自分のロビングの精度が低いのが理由だった(ーー;)
という事実、案外気づいてないんじゃないですか?(^o^;)


「ロビングが奥まで飛んでいない」

「思ったコースに打てていない」

「体勢を整えるために高く打ちたいのに打てない」

これらはすべて相手に主導権を渡してしまう原因に、
つながっているんです。


それ程ロビングというのは試合において大切なものなんですね(^。^)


さて、自分が家庭婦人の方のロビングを見たところ、
肘に「あそび」がない人が多く見うけられるようです。


肘が伸びきった状態で打つとロブは高く上がりません!


それから「懐(ふところ)を深く取る」ということも大事です。


ちなみに「懐を深くとる」というのは、
ラケットを体の前に出すことによって、
ラケットを振るスペースを作るという意味です。


打点が体の近くになってしまうと窮屈になってしまい、
ラケットを振るスペースが小さくなり、
詰まったような打ち方になってしまうからです。


また、しっかり当たっている感触はあるのに、
低い軌道になってしまうのはなぜ?という方は、
インパクト時の面の位置を調節してみてください。


当たった瞬間のラケット面が斜めを向いていれば、
当然斜めに飛んでいきますし、
上を向いていたら上に飛んでいきます。


ご自身で色々試して調整するしかありません。


何となくロビングを打っていた方は、
ここらでしっかり時間を割いて、
重点的に練習してみてはいかがでしょうか(^_^)b


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

人気ブログランキングへ

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20150820185616 | 編集

先日、整骨院に行った時に、先生に

「バドミントンの練習が終わった後、ちゃんとストレッチしてますか?」

と、聞かれました。


「終わった後?というよりは、練習前にちゃんとやっていますよ!」

と答えたのですが、先生の反応はいまひとつ・・・(ー_ー)


ストレッチは練習前も大切ですが、
むしろ練習の”後”にやってほしいケアとのことでした。


運動後は体を酷使したため筋肉はカチカチになっています。


それをそのまま放置していると筋肉は固いままになってしまい、
疲れも取れにくくなるそうです。


練習後の体が温かい内にストレッチをして筋肉をほぐしておけば、
疲労物質を流してくれ、怪我の予防効果もあるとのこと。


そういえば、うちのクラブでも練習が始まる前は、
おしゃべりしながらでも各自ストレッチはしているようですが、
終わった後となるとどうでしょうか ・・・(ーー;)


皆、ぎりぎりまで練習していて、時間が来るとあわてて後片付けをして
着替えをしてバタバタと体育館を出ていく・・・こんな感じです(^^;)


ストレッチをしてアフターケアをしている人は
誰もいないに等しいかもしれません(>_<)


全体的に年齢層が上がってきている我がクラブとしては、
改善する必要がありますね。(-_-;)


ちなみに、練習前のストレッチも、
専門家に言わせると「いきなりストレッチ」は逆効果!


却って筋肉が固くなってしまいますとのこと。


ベストは、軽いランニングをして体を温め、
その後にストレッチ入ることだそうです(^。^)


そのストレッチも我々が認識しているような、
壁に手を当ててアキレス腱を伸ばすというようなものではなく、

「動的ストレッチ」

と言われる体の各部をリズミカルに動かすような運動。


例えば肩をぐるぐる回すような運動です。


何十秒か静止した状態で筋を伸ばすストレッチは

「静的ストレッチ」

という名で呼ばれていますが、筋肉が温まる前にこれをやると、
かえって故障のリスクが高まるという説が一般的なようです。


スポーツ科学の世界も日進月歩しています。


怪我を予防するためにも、新しい知識を取り入れていきましょう(^_^)/


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

人気ブログランキングへ

関連記事 [その他]
その他 | コメント(0) | 20150806141239 | 編集

最近、私のクラブの女性陣は、通常のサイドのバックハンドのノックに
加えて、「ハイバック」のノックにも取り組んでいるようです(^。^)


女ダブでハイバックってあまり多用することは無いようですが、
ハイバックの打ち方でドロップやクロスカットを繋ぎの球として使うこと
はよくあるようです。


練習しておいて損は無いので、ぜひとも身に付けてほしいのですが、
皆さんかなり苦戦している模様です(~_~;)


いつも練習している「腰の回転を利用して打つバックハンド」と
打ち方がごっちゃになってしまっている人が多いようです。


同じバックハンドでも、腰の回転を使って打つバックと、ハイバックでは、
打ち方や体の使い方が異なります。


別物と思って練習した方が良いかもしれません。

■ハイバック⇒https://www.youtube.com/watch?v=Q2_TmSB1bvA

■腰の回転を使うバックハンド⇒https://www.youtube.com/watch?v=1RIFrK6EcfY


そもそも打ったことがないという人はいきなりノックで打つのでは無く、
止まった状態で手投げをしてもらった方が良いと思います。


ノックだと足の運びや球との距離間を考えたりするので、
打ち方だけに集中できないからです。


ネット際に立ってネットに背を向けるように構え、
シャトルを手投げしてもらって打ってみましょう!


肘をたたむ

肘を支点に回外と外旋運動を意識して打つ

コンパクトにスイング


この時、大事なことは大きく飛ばそうとして腰を回転させたり、
フォロースルーを付けないことです。


体を回転させたりフォロースルーを取った打ち方をすると、
力が逃げてしまい、さらに肩も傷めてしまいます。


何回も手投げしてもらって打っている内に、

「これだ!」

という良い当たりが出来たらしめたもの!(^o^)


その打ち方を忘れないように徹底的に打ち込んでみましょう!


ハイバック以外でも、自分の打ち方が何かおかしいと疑問に思う人は、
まずは手投げで徹底的に正しい打ち方を確立してから、
ノックやパターン練習、ゲーム練習へと移行するようにしましょう。


そうでないと、間違った打ち方や無理のある打ち方が、
そのまま固定されてしまいます。


これは技術的な向上が望めないのみならず、
怪我にも繋がるので皆さん要注意です!!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

人気ブログランキングへ


急がば回れ!です(^^)b

ノック・パターン練習 | コメント(0) | 20150716211451 | 編集

本日はいつもと一味変わったダブルスのゲーム練習をご紹介します(^.^)b


ショートサービスラインからダブルスのロングサービスラインの間で、
ロブとクリアを使ってはいけないという制限を付けたゲーム練習です。


ショートサービスラインより前にシャトルが落ちても、
ロングサービスラインの後ろにシャトルが落ちても、
「アウト」となります。


要は何が何でも「上げない練習」ということです(^_^)


学生の部活などではやる練習ですが、
大人になってからバドミントンを始めた方は、

「これは何を目的とした練習なんですか?」

と不思議そうに聞いてくる人もいます。


初級~中級者の方によく見受けられるのが、

「ドロップを打たれてもロングレシーブ」

「スマッシュを打たれてもロングレシーブ」

「ヘアピンを返すときもロングレシーブ」


という具合に、上げてばっかりという人がいます(~_~;)


とにかく相手を後ろに下げておけば安心できる、
という気持ちの問題もあるでしょう。


しかし上げてばっかりだと、いつまでたっても
サイドバイサイドの守りの態勢のままです。


「上げてばっかりじゃダメ!シャトルを沈めていかなきゃ!」

と注意の声は良く聞かれると思いますが、
アンダーハンドで沈める球を打つのは、
大きく返すよりずっと難しいんです。


ハーフに打ったつもりが単なる浮いた球になってしまうと、
相手のチャンス球になってしまいます。


また、強く打ってしまうといくら低い弾道だとしても、
ネットを越えてコルクが横を向いてしまっていては、
相手から強打で返ってきてしまう場合があります。


ハーフに球を沈めるコツは面をかぶせるように打つことです。


そしてネットを越えたらコルクが下に向くような軌道になることが、
ポイントです。


コルクが下に向いていれば、上から強く打たれることはないからです。


ノックで練習しても良いのですが、
やはり実践の中でハーフに沈める練習したほうが
安易に上げないようになる癖がつくと思います。


ハーフを打つ技術を持っているのにゲーム中で使えない、
という人も多いからです。


どうしてもロングレシーブの癖が治らない!という方は、
ぜひこの制限付きゲーム練習に挑戦してみてください!(^。^)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

人気ブログランキングへ

ノック・パターン練習 | コメント(0) | 20150702213433 | 編集

さわやかな陽気もあっという間に通りすぎ、
西日本ではもう梅雨入りしたそうですね。


これからじめじめとした、バドミントンをするには
嫌~な季節がやってきます(~_~;)


蒸し暑さで不快指数が高くなることもさることながら、
体育館の床は湿気が多いとつまづきやすくなるので要注意です。


先日もゲーム練習中にちょっと足が引っかかってしまい、
ドキリとしました^_^;


7月に大事な試合を控えているので、
とにかく怪我をしないようにしなくては。


さて、社会人の方で普段の練習にフットワークを取り入れてる人は、
あまりいらっしゃらないのではないでしょうか?


時間的理由から、基礎打ちとゲーム練習だけ、
というクラブが多いと思います。


まぁ、学生さんと違い、時間が限られているので仕方ありません。


しかし、持ち時間が限られているからこそ、
絶対に怪我はしたくはありませんよね?


そこで、上達の為というよりも怪我の防止のため、
少しの時間で良いのでフットワークをしてみてはいかがでしょうか?


正しい足運びを意識するようになると、適当に足を運んでいた時より、
怪我のリスクがグっと減ると思います(^。^)


よく足首を内側にひねってしまい捻挫するケースが見受けられます。


これは、シャトルを取りにいく際にしっかり踵で着地していないことや、
踏み出す足のつま先を進行方向に向けていないことなどが、
原因の一つだと思われます。


トップ選手の中には戻りを早くするために、
あえてつま先を内側に向ける選手もいるようですが、
これはバランスを崩しやすいので、捻挫の不安がある人は
つま先は外側に向けるようにしましょう!


この場合のフットワークは怪我の予防が目的なので、
特に早く戻ろうとしなくてもいいのです。


毎回、2、3分でも良いので準備体操のつもりで、
正しい足の動きや着地を意識してフットワークをやってみてください(^_^)b


怪我予防のためにやっていたら、いつの間にかレベルアップしていた、
というオマケがついてくるかもしれませんよ!(^0^)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

人気ブログランキングへ


ステップ・フットワーク関係 | コメント(0) | 20150618204535 | 編集
検索フォーム
    © 2015 教科書に載っていないバドミントン上達法  Designed by 意地天